四十肩・五十肩

四十肩五十肩

四十肩・五十肩とは、40代~60代に起こりやすい肩周りの炎症で
正式名称は肩関節周囲炎と言います。
一般的には発症する年齢が違うだけで、どちらも同じ症状です。
また、症状が長引くことが特徴で、
場合によっては1年以上症状が続くこともあります。

四十肩・五十肩は特徴的な経過があります。
【急性期】→【慢性期】→【拘縮期】と段階を追って回復していきます。
個人差はありますが約1年程度で自然に消失すると言われております。

急性期(2ヶ月)
症状の起こり始め。
ズキズキと疼く痛みがあることが多く、何もしていなくても痛みが起こりやすい。
痛みで眠れないこともある。

慢性期(3ヶ月)
激しい痛みは治るが、動かして痛むことが目立つ。
着替えや荷物を持つ時、腕を上げた時などに特に痛みが出る。
変な方向に曲げなければ大丈夫。

拘縮期(6ヶ月)
痛みは落ち着くが、曲がらない。

激痛の場合は、
四十肩・五十肩と自己判断せずまずは医療機関を受診しましょう。

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩・肩関節周囲炎でお困りではないですか?
●肩が痛くて服を着たり脱いだりするのが苦しい。
●寝返りしたときに痛くて目が覚める
●肩に鋭い痛みや鈍い痛みがある。
●ズキッとなって1分ぐらい痛みでうずくまる
●高いところのものが取れない。重いものを持つと痛い。
●腕を動かせる範囲が狭くなってきた。
前腕や指先まで痛む
●肩の中に痛みを感じる。
●肩が痛くて熟睡できない。
●ズーンと重だるい感じがする。
腕を上げるとピキッと痛い。
●肩が上がらないのでお風呂で頭や背中を洗うことがむずかしい。
●痛みでスポーツがしにくい、出来なくなってしまった。
●髪を結ぶ時に肩や腕に痛みがある。
つり革を持つ時に肩や腕に痛みがある。
●片方が良くなったと思ったら、もう片方の肩が痛くなってきた。

整体院ホームカイロ


背骨のゆがみが気になる方は
整体コースがおすすめ!

いろいろなことを試しても変化がなかった、
あるいはどうにもならないとあきらめていたという方は、
ぜひ一度、当院の施術を受けてみてください。

施術の流れ
施術の流れは人によって様々です。ここでは基本的な施術の流れをご説明します。

①カウンセリング肩関節の確認
肩関節の動きやゆがみ具合などを確認します。肩周りの筋肉の状態をみてどのように”ゆがみ”を生じているか確かめます。

カウンセリング

②全身のゆがみを矯正
様々な施術法の中からあなたの肩関節に合った方法でゆがみを矯正します。ボキボキする矯正はしないので安心です。

ゆがみの矯正

④筋肉のほぐし
肩関節周りの筋肉や肩甲骨周りを中心に全身をゆるめます。痛いところをグイグイ押したりせずに、ソフトな施術なので安心です。

筋肉のほぐし

⑤頭蓋反射療法
頭にある肩関節の反射ポイントに、軽く触れるソフトな手技です。

頭蓋骨反射療法

⑥ゆがみの確認
肩関節の動きやゆがみを確認します。

ゆがみの確認

※施術の流れは人によって異なります。

当院の3つの特徴



四十肩・五十肩の原因

●四十肩・五十肩の原因
原因は完全には明らかにされていませんが、
肩関節周りの筋肉の疲れ・姿勢の悪さ・血行不良・老化などが原因だと言われています。
40代~50代の中高年以降に生活習慣に関係なく発症する場合があります。
●四十肩・五十肩が起こりやすい年齢
40代~50代の人に多くみられます。
●四十肩・五十肩の男女比
男性のほうが若干多いぐらいで、男女比はあまりないそうです。
●四十肩・五十肩と関係している筋肉
頭板状筋・肩甲挙筋・菱形筋・棘上筋
棘下筋・小円筋・大円筋・三角筋
上腕二頭筋・上腕三頭筋・僧帽筋・大胸筋・小胸筋

四十肩・五十肩の治療

医療機関での治療法は、
肩関節の痛みを和らげて、かつ可動域を改善させます。薬物療法(消炎鎮痛剤など)、運動療法、理学療法で改善することが多いため、ほとんどの症例で手術はしないそうです。

四十肩・五十肩が治るまでの期間

四十肩・五十肩で困っている方をたくさんみてきましたが、症状の出かたは人それぞれでした。痛みの誘発する動きや力の入れ方さえしなければ日常生活は不便なく過ごせる方。ぎっくり腰みたいにちょっと動かしただけで痛い方。ずっと痛み止めの薬を飲み続けている方。筋肉をゆるめると簡単に治ってしまう方。なにをしてもなかなか改善しない方など症状の出かたで治る期間も様々です。
軽い場合は
数日~数週間で痛みは治ります。
重症の方は適切な治療を受けなければ)最低でも1年は痛みが続き、完全に元に戻るまでは3~4年ぐらいかかる方もいます。
肩が上がらないなど、動きの制限が大きい場合や、
夜間痛がある場合は重症の部類に入り症状は長引きやすいです。

夜間痛とは
寝返りをすると痛い、眠ってから痛みで起きる、痛い方を下にして寝れないなどを夜間痛といい、四十肩・五十肩の典型的な症状の一つです。

四十肩・五十肩とストレッチ

早く治したいとあせって、痛みがあるのに頑張って体操したりストレッチしたりする方がいます。痛みの強い時期に無理に動かすと余計に痛みが増すことがあります。肩の体操やストレッチなどは痛みが落ち着いてきてからにしましょう。


岡崎市戸崎元町2-12
タイトルとURLをコピーしました