産後の恥骨痛

産後の恥骨痛と骨盤矯正産後の恥骨痛は、恥骨結合付近に痛みが生じる症状です。
経験したことがない人だと、どこが痛いのかよくわからないこともあります。
痛みの種類もズキズキ・チクチクする痛みなど人によって様々です。

恥骨痛は一般的に産後1ヶ月ほどで自然と治まることが多いといいます。
立ち上がれないほどの激しい痛みがあるときは、早めに医師に診てもらいましょう。

産後の恥骨痛の原因

このような産後の恥骨の辛さでお困りではないですか?
●産後から恥骨が痛い。
●産後から立ち上がる時に恥骨が痛い。
●産後から長時間歩くと恥骨が痛くなってくる。
●恥骨が痛いことを相談できない。
恥骨が痛いことをどこに相談したらいいかわからない。
●恥骨が痛くて横向きに寝られない。
授乳中、座り方を変えたときに痛む。
妊娠中から恥骨の痛みや違和感があった。
●産後からくしゃみをすると恥骨に響く。

整体施院ホームカイロ

産後骨盤産後や骨盤のゆがみが気になる方は
骨盤矯正コースがおすすめ!

いろいろなことを試しても変化がなかった、
あるいはどうにもならないとあきらめていたという方は、
ぜひ一度、当院の施術を受けてみてください

施術の流れ
施術の流れは人によって様々です。ここでは基本的な施術の流れをご説明します。
①カウンセリング・骨盤のゆがみの確認
骨盤のゆがみを確認
骨盤の動きや、骨盤周囲のの筋肉の硬さを確認します。
また姿勢への影響もみてどのように”ゆがみ”が生じているか確かめます。
②全身のゆがみを矯正
ゆがみの施術
様々な施術法の中からあなたの産後の恥骨痛に合った方法でゆがみを矯正します。
ボキボキする矯正はしないので安心です。
④筋肉のほぐし
ほぐし骨盤周りを中心に全身の筋肉をゆるめます。
⑤頭蓋反射療法
頭蓋反射療法頭にある恥骨の反射ポイントに、
軽く触れるソフトな手技です。
⑥ゆがみを確認
ゆがみの確認骨盤のゆがみと骨盤周りの筋肉の硬さを確認します。

※恥骨部分に直接触れる施術はしておりません、安心してお越しください。
※施術の流れは人によって異なります。

当院の3つの特徴

産後の恥骨痛の原因

「恥骨」とは、骨盤の骨の一部です。骨盤の骨は仙骨・腸骨・坐骨・恥骨からなってます。
この恥骨の中央にある軟部組織のことを「恥骨結合(ちこつけつごう)」と呼び、恥骨痛はこの恥骨結合が痛みます。
出産によるダメージ
出産にかかる時間、分娩方法などでも骨盤(恥骨)へのダメージの大きさは変わります。このダメージが大きければ、骨盤はより緩んだ状態になります。

前骨結合部の炎症
産後に免疫力が落ちているときに細菌が入り込み、恥骨結合部に炎症が起きている可能性もあります。
立つのがつらいほどの激しい痛みを感じたら、我慢せず早めに病院を受診してください。
恥骨付近の筋肉を痛めてる場合
産後は股関節付近の筋肉を痛めることが多く、特に内転筋群を痛めた場合は恥骨周辺が痛くなることがあります。
この場合は筋肉がゆるむと楽になることがあります。

●産後の恥骨痛と関係している筋肉
恥骨筋・薄筋・小内転筋・大内転筋・短内転筋・長内転筋
外閉鎖筋・上双子筋・下双子筋・内閉鎖筋・梨状筋
中臀筋・大臀筋・小殿筋・大腿筋膜張筋・大腿方形筋
腸骨筋・小腰筋・大腰筋・縫工筋・大腿四頭筋


岡崎市戸崎元町2-12
タイトルとURLをコピーしました