産後の尿漏れ

産後の尿漏れと骨盤矯正尿漏れは、尿道を締める働きをもつ筋肉(骨盤底筋)が
緩くなることで、尿道の締まりが悪くなり、生じる症状です。
このような尿漏れは、主に尿漏れを防ぐための骨盤底筋群がタイミングよく働かなかったり、
インナーマッスルが弱すぎたりすることが原因で生じます。

尿漏れを防ぐ骨盤底筋群
くしゃみの瞬間に腹圧が高まると、反射的に「骨盤底筋群」と言われる筋肉と、尿道を閉める尿道括約筋が共同で収縮して、尿漏れを防ぎます。しかし産後は骨盤が歪んで広がると、骨盤底筋群の働きが鈍り、タイミングがズレたりして尿が漏れてしまいます。

産後の尿漏れの症状

このような産後の尿漏れでお困りではないですか?尿漏れくしゃみや咳で尿漏れする。
●産後から、爆笑すると尿漏れする。
●産後から、立ち上がった時に尿漏れした。
●産後から、重い物を持ち上げようとしたら尿漏れした。
●産後からジャンプや揺れる動作で尿漏れした。
妊娠中から尿漏れで、出産後も治らない。
●上の子を出産後から尿漏れが、ずっと続いている。
●産後から、トイレまで我慢できず間に合わない事がある。

産後の尿漏れの種類

尿漏れの種類
尿漏れ・尿失禁の種類
腹圧性尿失禁・混合性尿失禁・切迫性尿失禁の3種類があります。
割合としては腹圧性50%、混合性30%、切迫性20%
産後の尿漏れ・尿失禁の方はほとんどが腹圧性尿失禁です。

腹圧性尿失禁
●咳、くしゃみ
●大笑いする
●重い物を持ち上げる
●立ち上がる
など腹圧が上昇した時に起こる尿漏れです。

混合性尿失禁
腹圧性と切迫性の原因が混ざって起こる状態です。

切迫性尿失禁
尿意を感じた時にトイレまで我慢できずに漏れる状態です。

整体施院ホームカイロ

産後骨盤産後や骨盤のゆがみが気になる方は
骨盤矯正コースがおすすめ!

いろいろなことを試しても変化がなかった、
あるいはどうにもならないとあきらめていたという方は、
ぜひ一度、当院の施術を受けてみてください

施術の流れ
施術の流れは人によって様々です。ここでは基本的な施術の流れをご説明します。
①カウンセリング・骨盤の確認
骨盤の確認
骨盤の動きや、インナーマッスルの硬さを確認します。
また姿勢への影響もみてどのように”ゆがみ”が生じているか確かめます。
②全身のゆがみを矯正
ゆがみを施術
様々な施術法の中からあなたの産後の尿漏れに合った方法でゆがみを矯正します。
ボキボキする矯正はしないので安心です。
④筋肉のほぐし
ほぐし骨盤周りを中心に全身の筋肉をゆるめます。
⑤頭蓋反射療法
頭蓋反射療法頭にある骨盤底筋の反射ポイントに、
軽く触れるソフトな手技です。
⑥ゆがみを確認
ゆがみを確認骨盤のゆがみとインナーマッスルの硬さを確認します。

※施術の流れは人によって異なります。

当院の3つの特徴

産後の尿漏れの原因

骨盤が広がると内臓が下垂しやすくなりますし、骨盤底筋群も力が入りづらくなります。
正常の場合、くしゃみなどで瞬間に腹圧が上がると骨盤底筋群の1つである尿道を締める尿道括約筋も収縮して、尿漏れを防ぎます。
しかし、妊娠や出産で腹圧が上がっても尿道を締める筋肉が弱化していたり機能低下している為、尿漏れが起こります。

●産後の尿漏れと関係している筋肉
骨盤底筋群
肛門挙筋(腸骨尾骨筋・恥骨尾骨筋・恥骨直腸筋)
会陰横筋・球海綿体筋・外肛門括約筋・外尿道括約筋・坐骨海綿体筋


岡崎市戸崎元町2-12
タイトルとURLをコピーしました