産後の腱鞘炎(腕の痛み)

産後の腱鞘炎と骨盤矯正産後は腱鞘炎が起こりやすいとされています。多くの原因ではお子さんを抱っこするという動作で痛めることが多いです。
特に腱鞘炎になるお母さんは,初めての子育てをするお母さんが大半を占めていてます。
初めての育児をするお母さんは、赤ちゃんを抱っこすること自体に慣れていないため、落とさないようにと無意識に肩や手首に力が入ってしまって手首を余計に酷使しています。
手首や指の筋肉は肘や前腕から始まっていて、手首を通過して指の骨に付着しています。手首から指にかけては、それらの筋肉は腱という組織になっており、腱は鞘に包まれています。
この鞘に包まれた腱の部分が傷ついて炎症を起こした状態が腱鞘炎です。

産後の腱鞘炎の症状

このような産後の腕・手首の辛さでお困りではないですか?腱鞘炎●子供を抱っこしようとすると、手首に激痛が走る。
●産後から、物を持ったり、握ったりするのも辛い。
●出産後、育児をしていると腕がズキンズキンと痛む。
●育児や家事に追われ、以前より肩こりや腕のだるさがひどくなった気がする。
●産後から、腕のだるさや痛みだけでなく、指や指の付け根に痛みを感じる。
●あまりの腕のだるさや痛みに育児や家事をするのが憂鬱だ。
●家事や育児、仕事で腕を使うのが怖い。
●産後から、親指の付け根が痛くて動かせない。
抱っこをしようとすると親指に激痛が走る。
●産後から、荷物を持とうとすると、手首や親指が痛い。
●産後から、お鍋やフライパンを持つと痛い。
●首のすわっていない赤ちゃんを抱きかかえるのが痛い
●授乳、オムツ交換のときに手首に痛みがある。

整体施院ホームカイロ

産後骨盤産後や骨盤のゆがみが気になる方は
骨盤矯正コースがおすすめ!

いろいろなことを試しても変化がなかった、
あるいはどうにもならないとあきらめていたという方は、
ぜひ一度、当院の施術を受けてみてください

施術の流れ
施術の流れは人によって様々です。ここでは基本的な施術の流れをご説明します。
①カウンセリング・腕のゆがみの確認
腕の確認
前腕・手首・親指の動きや、腕の筋肉の硬さを確認します。
また姿勢への影響もみてどのように”ゆがみ”が生じているか確かめます。
②全身のゆがみを矯正
ゆがみの施術
様々な施術法の中からあなたの産後の腕の痛みに合った方法でゆがみを矯正します。
ボキボキする矯正はしないので安心です。
④筋肉のほぐし
ほぐし腕や手の筋肉や肩周りを中心に全身の筋肉をゆるめます。
⑤頭蓋反射療法
頭蓋反射療法頭にある腕の反射ポイントに、
軽く触れるソフトな手技です。
⑥ゆがみを確認
確認腕や手首と親指の筋肉の硬さを確認します。

※施術の流れは人によって異なります。

当院の3つの特徴

産後の腱鞘炎の原因

手の酷使
産後のママが腱鞘炎になりやすい理由は、赤ちゃんのお世話による手首の酷使です。
長時間の赤ちゃんの抱っこ、授乳による腕・手首への疲労は相当で、毎日続くので腱鞘炎の原因になってしまいます。
初めての出産の場合、ママが赤ちゃんを抱っこすること自体に慣れていないため、落とさないようにと無意識に力が入ってしまいます。この緊張によって、手首を余計に酷使してしまうのです。
両手を塞がないようにするために、片腕で抱っこすることも多いですが、赤ちゃんも軽くはありません。手首を曲げて頭が落ちないように支えるのも手首の大きな負担になります。
抱っこ以外に、毎日のおむつ交換や沐浴なども、手首への大きな負担になります。
おむつの交換や、赤ちゃんの入浴、通常の掃除や料理も、疲労した手首には必要以上の負担となってしまいます。

リラキシンホルモンの影響
出産に備えるために、妊娠期の身体は骨盤を開かせるために、リラキシンというホルモンを分泌します。
このホルモンは骨盤だけでなく、全身の関節に作用し、全身の関節が緩くなります。
産後直後の方も、まだ全身の関節は安定せず、緩んだ状態が数ヶ月続きます。この時期に赤ちゃんの抱っこや身の回りの雑用に追われた生活を送ると、不安定な手首に過剰な負荷がかかると、腱鞘炎を起こしやすくなります。

●産後の腕の痛みと関係している筋肉
円回内筋・橈側手根屈筋・長掌筋・尺側手根屈筋
浅指屈筋・深指屈筋・長母指屈筋・方形回内筋
腕橈骨筋・長橈側手根屈筋・短橈側手根屈筋
回外筋・尺側手根屈筋・総指伸筋・小指伸筋
示指伸筋・長母指伸筋・短母指伸筋・長母指外転筋


岡崎市戸崎元町2-12
タイトルとURLをコピーしました