産後の肩こり

産後の肩こり

夜間の授乳・長時間の抱っこによる疲労や、それに伴う姿勢不良により、
肩や首が辛い方、背中がピリピリしたり、背中の一点がチクチクと痛んだり、肩甲骨周辺がピキッと電気が走るような感覚があったり。肩が痛くて上がらなくなったり、首が回しにくくなったり、「寝違い」を起こしやすくなったり。
産後はカラダの土台でもある骨盤がゆがむことで姿勢が悪くなり、肩こりになりやすくなっています。
当院には肩の不調を我慢して頑張って子育てをしていた女性がたくさん来院していただいてます。

産後の肩こりの症状

このような産後の肩こりの辛さでお困りではないですか?
抱っこひもをすると肩がこる
授乳をしていると肩が凝って痛い。
●肩が痛くて抱っこがつらい
●産後から、上を向くと肩が痛い。
●肩が痛くて抱っこひもができない。
●産後から、肩こりがひどくなった。
●ベビーカーを押す体勢が肩が痛くてつらい。
●産後から、まだ何もしていない朝なのに肩が凝っている。
●産後から、肩がこると頭も痛くなる。
●肩が痛くてオムツを変える体勢がつらい。
●産後から、肩が痛くて上がらない

整体院ホームカイロ


産後や骨盤のゆがみが気になる方は
骨盤矯正コースがおすすめ!

いろいろなことを試しても変化がなかった、
あるいはどうにもならないとあきらめていたという方は、
ぜひ一度、当院の施術を受けてみてください。

施術の流れ
施術の流れは人によって様々です。ここでは基本的な施術の流れをご説明します。

①カウンセリング肩のゆがみを確認
肩の動き・肩周りの筋肉の硬さ・姿勢を確認してどのように”ゆがみ”を生じているか確かめます。

カウンセリング

②全身のゆがみを矯正
様々な施術法の中からあなたの産後の肩こりに合った方法でゆがみを矯正します。ボキボキする矯正はしないので安心です。

ゆがみの矯正

④筋肉のほぐし
肩や首周りの筋肉(僧帽筋・起立筋・肩甲挙筋)を中心に全身をゆるめます。

筋肉のほぐし

⑤頭蓋反射療法
頭にある肩こりの反射ポイントに、軽く触れるソフトな手技です。

頭蓋骨反射療法

⑥ゆがみの確認
肩のゆがみと肩周りの筋肉の硬さを確認します。

ゆがみの確認

※施術の流れは人によって異なります。

当院の3つの特徴


産後の肩こりの原因

授乳姿勢
授乳する際、赤ちゃんを胸の位置まで抱きかかえなければなりません。
抱っこが長時間になると、首や肩、あるいは腕に必要以上に負担がかかります。
腕を酷使していると、次第に腕から肩へと筋肉の硬直が伝わります。僧帽筋や三角筋、大胸筋などが緊張し、硬直してしまいます。

赤ちゃんの抱っこ
赤ちゃんが泣いたとき、あやすとき、授乳するとき、寝かしつけるとき、ママは一日に何度も赤ちゃんを抱っこします。
授乳・抱っこによる今までにない筋肉への負担です。
慣れない授乳やおむつ替えのときは、無意識のうちに肩に力が入っているものです。
また、外出時におんぶ紐や抱っこ紐を使用すると、肩が痛くなります。

前かがみ姿勢の増加
出産後は、赤ちゃんのお世話はほとんど前かがみになり、どうしても肩や背中に負担がかかります。
大人の頭は約4~5キロあると言われていますので、前傾姿勢の状態は、自分の頭を支えるため、より肩や背中に負荷がかかるのです。
ベッドに寝かせる・ベッドから抱き上げる・オムツ替え・あやすなど前かがみの姿勢が増え非常に肩に負担がかかっています。

育児疲労
産後は赤ちゃん中心の生活になり緊張とストレスの毎日、夜間の授乳で睡眠不足・・・そんな産後育児の疲れによって、筋肉が固くなると血流が悪くなります。
忙しさのあまり、お風呂で温まる時間が取れないと、肩の周りの血行を促進することができず、肩こりの原因となります。

運動不足
産後は赤ちゃんの世話に追われて、体を動かす機会が減ります。
そのため、運動不足になると全身の血流が悪くなり、肩こりを引き起こします。
さらに、運動不足によって筋肉の量が低下していると、少しの負荷でも筋肉が痛めてしまい、肩こりになります。

骨盤のゆるみ
産後しばらくは、骨盤回りの靭帯が緩んでいる状態です。
骨盤が不安定になることでなこと姿勢が変わり、肩のこりにつながっています。

●産後の肩こりと関係している筋肉
広背筋・脊柱起立筋・多裂筋・僧帽筋
咬筋・側頭筋・胸鎖乳突筋・大胸筋・小胸筋
鎖骨下筋・前鋸筋・肋間筋・肋下筋
大菱形筋・小菱形筋・肩甲挙筋・三角筋
肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・大円筋・小円筋

産後の肩こりと骨盤矯正

骨盤矯正

ホームカイロの骨盤矯正は肩周りの筋肉(僧帽筋・肩甲挙筋・起立筋など)をしっかりほぐしてから骨盤のゆがみを矯正します。産後の肩こりはお子様の抱っこと授乳姿勢が大きくかかわっていますが、出産により土台の骨盤がゆがむことで姿勢が悪くなってしまってることが前提としてあるため、過去に肩こりを経験したことがないかたでも肩への負担が大きくて辛くなることが多いです。肩周りだけでなく骨盤のゆがみも重要です。


岡崎市戸崎元町2-12
タイトルとURLをコピーしました