頭痛・片頭痛

整体師のノートTOPへ

その頭痛、肩こりからきてませんか?

dfajh1緊張性頭痛とは、肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛。多くは肩こり(首こり)が見られ、
頭痛の約7割が緊張性頭痛といわれています。

肩こりなどが原因の場合は、病院に行っても異常なしと言われ、
どうして良いか分からずに薬に頼ってる方も多いのではないでしょうか?
薬で痛みを抑えても根本的な解決にはなりませんし、薬の服用回数がどんどん増えている方も多くみられます。

機能性頭痛(良性)

頭痛は、大きく分けると機能性頭痛症候性頭痛に分けられます。
機能性頭痛(良性)は、
緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛などで、慢性的だったり、繰り返しおこる頭痛です。
痛くて病院に行っても検査(CT,MRIなど)で異常なしと言われて帰されます。
カイロプラクティック(整体)で効果が期待できる頭痛です。

1、緊張性頭痛(筋収縮性頭痛)
<痛みの種類>
頭を締めつけられるような痛み、重い、重苦感、圧迫感などが代表的。
<頭痛に伴う他の症状>
首、肩の筋肉のコリ、体のだるさ、目の疲れ、めまい等、肩こり関連が多い。
<原因は?>
背骨のゆがみ・不良姿勢による肩こり(首こり)からくることが多いが、
不安やストレスなどによって自律神経の乱れからくることもある。

2、片頭痛(血管性頭痛)
<痛みの種類>
ズキンズキン、ガンガン等の脈拍動痛が主。痛みに伴い吐き気、嘔吐もあり。両側に出る事も。
<前兆症状>
目の前がチカチカしたり、感覚異常、イライラ、ムクミなど本人が自覚していることがある。
<特徴>
発症後数時間~2,3日位の短期間で落ち着く。
<原因は?>
明らかになっていない。頭部血管が拡張し炎症を起こすと考えられる。
誘因としては、寝不足、過労、ストレス、女性ホルモンバランス、遺伝や気圧も。

3、群発性頭痛
<痛みの種類>
片側の目の奥や前、側頭部に耐えがたい強い痛み。目の奥がえぐられるようなという表現も。
<前兆症状>
あまり無いが、痛みの出る側の筋肉に嫌な張り感を感じる人もいる
<特徴>
痛みは15分~2時間ほどで1~2ヶ月ほど毎日続く。痛い側のまぶたが下がる、鼻水が出る、涙が出るなど。
<原因は?>
不明、痛みがある時に酸素を吸入することで落ち着くことが多い。

症候性頭痛(悪性)

脳などの疾患が原因で起こる頭痛です。「脳出血」「脳腫瘍」「感染症」
「くも膜下出血」「緑内障」などが原因による頭痛です。
病院の検査(CT、MRIなど)で病名を告げられます。

<こんな症状に注意!>
・今までに経験したことが無いほど、ひどい頭痛。
・頭痛の発生頻度と程度が、だんだん増している。
・50歳以降に初めて頭痛が発生した。
・感覚障害、ろれつが回らない、筋力低下を伴う。
・意識障害を伴う。
・発熱、発疹を伴う頭痛。
・吐き気、嘔吐を伴う頭痛。
・薬が効かない。
・不整脈がある方の頭痛。
上記に当てはまる方は、くも膜下出血、硬膜下出血、脳腫瘍、脳梗塞、脳内出血、心臓疾患などの可能性があるので、まずは急いで病院を受診してください